2018.9.11.Tue

体の歌

ヨガのポーズのことを【アーサナ】といいます。

アーサナは、決して無理をしたり、我慢をしながらするものではありません。また、人と競うものでもなく、賞賛されるものでもありません。

ただ自分の体と向き合い、自由に、自然と一体となって行います。

まずはじめにするべきことは、重力を感じること。

下半身を根付かせるように意識すると、上半身が軽くなり、解放される感覚を味わうことができます。

それは、体の中から自然に湧き起こるダンスのよう。

このようなことから、アーサナは【体の歌】ともいわれます。

潮の満ち引きのように呼吸を繰り返し、頭と心と体のロックを外して自由に動いてみます。

自分自身と繋がり直す、体の歌です。

ヨガをはじめると、息を吹き返すように体がよみがえります。

私達インストラクターは、そんなヨガの魅力の虜になっています。

一緒にヨガを楽しみましょう!