2016.11.2.Wed

季節のヨガ(秋)

食欲の秋、到来です!

内臓が疲れやすい季節です。こんな時はヨガによる内臓マッサージで内臓を癒し、また活性化しましょう。

そしてこれから訪れる冷えに備える為にも、泌尿器系・腎臓への刺激が出来るポーズもオススメです。

おすすめヨガポーズ

【cat&cow】

(吐きながら)シッポを内側にたくし込んでお臍を高く引き上げ、丸くなっていきます。

顎を引いてグーッと伸びます。

23

(吸いながら)シッポを跳ね上げ、お臍を重くして顎を上げ空を見上げましょう。

22

これを呼吸に合わせてなめらかに数回繰り返してみてください。

お腹や背骨をじっくりゆっくり動かすことが内臓マッサージとなります。

まずシッポ、背骨を動かし、最後に延長線上にある頭がついてくる…という風にすると満遍なくストレッチできます。

腰痛持ちの方にもとてもオススメです。

その場合、吸いながら…の時に「背骨を反らせる」というよりも「背骨をながく伸ばそう」と意識すると良いでしょう。またこの姿勢は手首を刺激することにもなります。手首には喉のツボがあるので、風邪予防にもなります。

【見返り猫のポーズ】

24

ウエストラインの後ろ側左右を意識しつつ上げた脚の反対側からのぞき込みます。腎臓に刺激を与えて余分な水分の排出を促し、冷えを防ぎましょう。

【ツイスト】

21

深いねじりで内臓を更に刺激します。

このポーズは就寝前の習慣に、いかがでしょうか。