2020.4.8.Wed

逆さ菩提樹は不滅なり

数あるヨガアーサナの中で王様的存在のポーズといえば、シールシャ・アーサナです。

※シールシャの原意は、「断たれることによって落命する部位」。すなわち「頭」のこと。この部分には本来プラーナが備わっており、全身の中で最も重要な場所とされています。

このポーズは、『ヴリクシャーサナ(木のポーズ)』の逆で、『逆さまの木のポーズ』です。

木のポーズの時は、脚という根を地球に根付かせていくのですが、こちらのポーズは頭に地球を乗っけるイメージになります。

【根が上、枝が下の逆さ菩提樹は不滅なり】といわれるほど、とても効能に優れています。

なかなか満足にレッスンが行えない状況のいまこそ、このポーズを日課にしていただきたいと思います。

壁を使ったり、人にサポートをお願いして、無理のない範囲で、是非逆さまの世界を楽しんでください。

効能と注意点

[効能]

●頭頂を刺激することで全身の機能が目を覚まします

●万病に効果アリ

●免疫力アップ

●心&体の巡り改善

●集中力&記憶力アップ

●鬱の予防と改善

●全身へのプラーナ供給

●胃腸機能の改善

●頭痛改善

●皮膚疾患の改善

●不眠症の改善

●ガン予防

[注意点]

●食後・飲酒後は禁止

●高血圧の方は無理しすぎないこと

●急に起き上がらないこと

※頭が割れるような痛みが起こる場合は決して無理しないこと。

焦らず、ゆっくり慣れていきましょう