2019.8.6.Tue

ヨガとストレッチ。

 

 

 

 

ヨガは体操の一種として捉えられやすく、特にストレッチと混同されることが多いです。

 

 

ストレッチのように気軽に始めることが出来るからこそ、多くの人に親しまれるようになったのかもしれません。

 しかし母国であるインドでは、ヨガといえば宗教哲学の一派であるヨーガ派のことを指します。

 

宗教…哲学?となると無意識に一歩引かれるのではないでしょうか。

 

 

ヨガの歴史は紀元前2500年〜1500年頃に始まります。

インダス川周辺で栄えたインダス文明により人々は高い知識と教養を身に付けるようになりました。

やがて『自分自身の在り方』について考え始めるようになり、自分らしく生きる為の方法として生まれたのがヨガです。

 

元は行者さんの修行であったヨガですが、実は現代を楽しく健やかに生き抜くヒントがたくさん含まれています✨

 

 

 

 

 


 

 

 

ヨガの目的は、全てが解放された覚醒状態であるサマディー(三昧・悟り・解脱)です。

 

そこへ至るまでの段階のひとつとして、通常レッスンで行うようなアーサナ(ポーズ・身体調整法)が存在します。

 

  

メディアではこの一部分だけが取り上げられることが非常に多いので、ヨガがストレッチと同義に扱われてしまうのではないかと思います。

 

ここでそれぞれの簡単な説明をさせていただきます。

 

 

 

Stretch(ストレッチ)

ストレッチは、筋肉を伸ばし、柔軟性や本来のポンプ機能を取り戻すことを目的としています。柔軟性の向上、代謝の向上、身体パフォーマンスの向上、リラックス効果が期待できます。

 

 

YOGA(ヨーガ)

ヨガは、必ずプラーナヤーマ(呼吸調整法)や気の概念を伴います。呼吸とポーズを連動させることで気の流れを改善・促進します。ストレッチの効能の他、必要なパワーとバランス感覚を養うことができます。また、精神状態にまで作用するのが大きな特徴です。

 

 

 ヨガもストレッチ。ですがそれだけではないということですね。

  

 

 


 

 

 

私達がいつもレッスンで行なっている【呼吸法&ポーズ】は、深い瞑想の為の準備。

こうした修練を積み重ねることで、いずれサマディーの境地へ至るとされています。

 

 

 

 

自分らしく、心身共に健やかに、平和でいられる。これがヨガの最大の魅力です。

 

 

  

ストレッチとしてヨガのポーズを楽しむのも、心身の鍛錬として実施するのも自由であり、私たちは選択できます。

 

ご自身の価値観やその時々の心身の状態に合わせて、是非自分らしくヨガを続けていただけたらと思います。